★Kanai リズムカレンダーの使い方(1)

★Kanai リズムカレンダーの使い方(1)

Kanaiリズムカレンダーは、「使う」ことでスムーズなリズムに乗る事ができます。
慣れてきたら、落としこむ事で、よりシンクロなリズムを実現できるようになります。

まずは「使う」ことです。
そして慣れてきたら、使いこなして落し込みましょう。

ーーーーーーーーーーーーー

~「使う」~

◆その1◆(アウトプット)
・今日起きた事を書き込む。日記のように使う。
その夜、もしくはその日を振り返った時に、落とし込める材料を残しておく。
見出しを書いておけば、その時の事を思い出せるが、何も書いていないと思い出せないので、とにかく書いておく。

◆その2◆(インプット)
・予定を書き込む。普通の手帳として使う。
使い慣れるまで、不便を感じるでしょうが、グレゴリオ暦の古いリズムから脱出するには、普通の手帳として使い続ける事が、一番効果があります。

*一般的に遣われているグレゴリオ暦は動き出したリズムが迷路に入りこみグルグル同じところを回るような仕組みになっています。
流れ出した物事をスムーズにリズムに乗せシンクロを起こし続けたい方は、13の月の暦に、完全に移行する事をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーー

~「使いこなして、落としこむ」~

◆その1◆(インプット)
今日のマークの色(太陽の紋章)を見て、イメージをインプットする。
・赤の日⇒行動、選択、始める、生み出す、チャレンジ(自分の意志の日)
・白の日⇒洗練、浄化、ブロック解除、智慧を受取る(神様の日)
・青の日⇒組み立てる、企画する、統合・融合する、(カタチにする日)
・黄の日⇒結果、熟成、五感、喜び、(結果を味わい次へと投げかける日)

◆その2◆(アウトプット)
朝、今日のテーマを読んで、今日という1日をイメージする。
夜、今日のテーマを読んで、今日という1日を振り返り起きた物事の意味を「そうか!」と落としこむ。

ーーーーーーーーーーーーー

~「更に使いこなして、未来を創る」~

◆その1◆(宣言)
目標を立てる。前の月の後半に、次の月の目標を立てる。
次の月のテーマ等を読んで、ざっくりとした目標をつくる。

◆その2◆(宣言)
企画を練る。予定を立てる。
・赤の日、白の日、青の日、黄の日、
・前半、中盤、後半、
・各テーマ
これらの事柄を考慮しながら、ビジネス、遊びの予定を立てて、日々を有効に使う。

例えば、
遊ぶならば、黄色い日がお勧め。
断捨離、大掃除するならば、白い日がお勧め。
企画立てるならば、青い日がお勧め
勢いがいる事をするならば、赤い日がお勧め